漢方系精力剤

漢方系精力剤

精力剤といってもいろんなジャンルの精力剤がありますが、漢方と聞くと、「体に良い」
「変な副作用がない」「その分効果は薄い?」というイメージがあると思います。
精力剤にもクスリではなく漢方が多数あります。

漢方薬の基本的な考え方として気(き)・血(けつ)・水(すい)の乱れと、
体質を表す証(しょう)の2つを組み合わせて判断をします。

気、血、水のこの3つがバランスよくからだを巡り、満たしている状態を「健康」と考え
今起きている何らかのからだの不調は、いずれかの状態がバランスを崩しているため
と考えるのが漢方的な考えです。
この3つはお互いに相互の関係性を持ちます。例えば気の異常があると血の異常を
引き起こしやすい、ということになります。


漢方系精力剤を使った時、実際性行為時にペニスが勃起するのか不安でしたが
自然に勃起しスムーズに性行為が行えました。勃起感覚的にED治療薬との違いはさほど
感じなかったですね。体に優しいことへの安心感はとても満足で、再度使用したいと思わ
せるところもいいと思います。

またED治療薬と違うなと感じたのが、射精の快感度がとても自然で、ED治療薬のペニス
だけ大きくして射精だけといった感じではなかったです。

漢方薬と西洋薬の違い

copyright(C)精力剤の通販特集