漢方薬と西洋薬

漢方薬と西洋薬

漢方は、治療に対する人間のからだの反応を土台に体系化した医学です。
古代中国に発するこの経験医学が日本に導入されたのは5〜 6世紀頃。日本の風土・気候
や日本人の体質にあわせて独自の発展を遂げ、わが国の伝統医学となった経緯があります。

17世紀頃、特に大きく発展して体系化され、現在へと継承されています。漢方という名称
の由来は、日本へ伝来した西洋医学である「蘭方」と区別するためにつけられたものであ
り、もちろん、中国の伝統的な医学である「中医学」とも異なります。
まさに漢方は、日本独自の医学なのです。

これに対して西洋薬は特定の病気を治すために作られており、一つの薬で1つの症状を
治療します。
それに対して漢方薬は複数の生薬が組み合わさったものなので、1つで複数の疾患に効果
があったり、また1つの生薬によってもたらされる弊害 (副作用)をフォローする効果の
ある生薬も同時に入っているなど、人間を全身で捉える傾向があります。

西洋薬は単一の薬効をもち、その効果も大きい反面、その薬の反動(副作用)もまた心配
されるという側面があります。

それに対して漢方薬は天然由来の生薬は効き目が優しく、また反動に対応した補助的な
生薬も含まれており、 副作用が気になられる方に適してるといえます。

体のための精力回復漢方系の精力剤の効能

copyright(C)精力剤の通販特集